読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっくら、旅、したいじゃん!?

フロリダでの想い出を当時のウキウキワクワクドキドキそのままに綴るブログ

5/22 魔のインディ・ジョーンズ・アドベンチャー

 

さて、ようやくこの記事を書けるタイミングがやってまいりました。いつかの記事から引用したいと思います。(1/11に書いたアリエルの記事)

これは唯一、我々が滞在中に二回乗ったアトラクションです。厳密に言うと、実はもう一つ、数回のったアトラクションがあるのですがそれについてはまた後日語らせてください。色々あったんです…

 その数回乗ったアトラクションのために我々は一度DCAからDLへ戻ることに。

 

 

f:id:bom2bom2:20160114234930j:plain

インディ・ジョーンズ・アドベンチャー(indiana Jones Adventure)!!!!!!!!!!!!!!

 

日本でも大好きで何度も乗ってしまう我ら。同じ職場の超仲良しな友達(Iさん)からこんな前情報を仕入れます。

Iさん「前に行った時は、インディは3ルートあったよ!日本と同じルートのほかにあと2ルート!!!!!!!」

私・某W氏「うおおおおおおおおおおおおおお(大興奮)」

というような感じでどちゃくそテンションが上がってしまい、アナハイムに行ったら絶対乗ろうね!と前々から決めていました。

 

 

 

①ということで朝の時点で、わくわくしながらスタンバイから。

乗り終えた感想は「同じルートだったね。」まあでもこれはたまたまでしょう!むしろ日本と海外の比較が出来てラッキーだと!!そうそうこんなんだったよね?日本の復習だよね?ということで、FPを発券しました!

 

 

f:id:bom2bom2:20160114234332j:plain

②そしてDCAからDLに戻り、このFPを使用して乗ります。

「あれ?また同じルートだったね?????????????」いやでもリニューアルしたスタツアだってわりと何度も同じ惑星に行くし??確率的には1/3となると、同じものが二回来てしまっても仕方ないんじゃないかと????

 

 

③ということでもう一回並びますが、ここでまさかのアナウンス。どうやらシステム調整。海外のパークのアトラクションって、システム調整になっても、日本のように「優先入場整理券」ってもらえないのですね?? 英語のアナウンス、私は(もちろん)まるで聴き取れなくて、すべて某W氏に託していました。結果、復旧の見込みがないようだったので仕方なく抜けます。

 

 

f:id:bom2bom2:20160114234525j:plain

④ある程度パークをぐるっとした次の日、もう一度チャレンジ。続いてはマップに「シングルライダー対応アトラクション」の記載をみつけてシングルライダーへ挑戦します。さすがに?二人いたら?そろそろ別ルートが来るだろう!と期待。

私が乗って進んだルートはまたも同じルート。oh...でも、ということは前後で乗れている某W氏は絶対違うルートへ進めているであろう!と思いました。

私「おお~~~~どうだった~~~~????」

某W氏「…同じだった」

私「!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!」

流石に異変を感じ、そこらへんにいたキャストから情報収集を。カストーディアル曰く、「そうだよ~三種類あるよ~~頑張ってね♡」と。

 

 

察しました。これは私たちが相当運が無いのだと。

キャストが言うんだもん、間違いない情報だよね?じゃあもう、むしろ、ここまで来たらラッキーボーイ&ガールなんじゃないか!?!?!

 

 

⑤ここまで来たら後に引けねぇ、と意地を張る私たち。スタンバイから並びました。

…「同じだった!!!?これはおかしい!?!?!?!?!?!?!?!」次はインディのキャストに聞きにいきました。本当に3ルートあるのかと。

 

結果論…「昔はあったけど今はシステム調整の関係で1ルートしか動いていない。」ジーザスです。もっと早くに教えて。

 

 

そんなこんなで、結果的に、二日間にわたって日本にもあるアトラクションに各4回乗りました(涙)厳密に言うと4回ともまったく同じ訳ではなく、プロジェクションマッピングの演出が違うシーンはありました。しかしルートそのものが違うっていうのは、もうずっとずっと前から稼働してないんですね。でもまぁ良い思い出です。

 

 

ちなみに最後に豆知識。

みんな大好き、パコは出てきません。あとキューラインがえげつない程長いです(多分3つのルートがある関係なんだろうなぁ)。あとね、楽しかった!!!!

 

 

以上!!!!!!!!!!!!!!!!!!

(この場を借りて、インディに関して教えてくれたIさん、ありがとう!!!!)