読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっくら、旅、したいじゃん!?

フロリダでの想い出を当時のウキウキワクワクドキドキそのままに綴るブログ

WDW旅行記⑩ スペースマウンテンでのハプニング

上海行くと決めると、旅程決めるのが楽しくて仕方ない時期突入しています。どうも。その前に香港という壁があり、その前に仮装という大きな壁があるのにね?!あれぇ~~!?!?!?!?!?!(前半戦衣装一切取り掛かっていない民)

 

 

f:id:bom2bom2:20160815231601j:plain

さて、バズライトイヤーを乗り終えた後、とっても気になるアトラクションに挑みました。その名も、Tomorrowland Transit Authority PeopleMover(うんたらかんたらピープルムーバー)!←長いッ!!!!
このアトラクションは、トゥモローランドの建物の中をくぐり抜けるような構造をしていました。一体これはどんなアトラクションなのだ!?と気になりながら乗りました。
 
結論…すごい
 
 

f:id:bom2bom2:20160815231740j:plain

いやこれは乗ってみないとわからない近未来感だし、なんせこれに乗ることで様々なトゥモローランドにあるアトラクションのバックステージを観ることができるのがすごい!いや、厳密にいうとバックステージではないのですが、たとえばスペースマウンテンのビークルが上がっていくところの真横を通ったり、バズライトイヤーのライド内の上を通ったり、とりあえずすごいのです!(語彙力の無さよ)
夜でも、朝でも楽しいアトラクションだと察しました。
 
そして、その流れでアレなんですけど、Space Mountain(スペースマウンテン)に乗りました。写真はいつものようにありません。絶対香港・上海ではちゃんと旅行記書けるように写真撮影してくるから!!!!!!!!
ちなみにキューライン(並び列)は、WDWならではのインクタラティブキューでした。マイントレインや、プーさんの冒険にも採用されている、退屈してしまう待ち時間を遊んで過ごせるように工夫されているキューラインのことです。スペースマウンテンは、液晶を使用してチームごとに戦うゲームでした。すぐ列動いちゃってあまりプレイできなかったけれど。
 

f:id:bom2bom2:20160815231255j:plain

アナハイムスプラッシュ・マウンテンのように、フロリダのスペースマウンテンは縦1列六人乗り。だったかなぁ????しっかりセーフティーバーはありますが、乗ってる最中はものすごく激しいです。日本とくらべものになりません。どれくらいか???って???
 
う~~ん、私のお気に入りのキャップが飛んでなくなってしまうくらい♡
 
 

f:id:bom2bom2:20160815231536j:plain

これね。お気に入りだったやつね。某W氏とおそろいのね。TDRニューエラコラボね。ちなみに、4日後の最終日に確認しても見つかっていませんでした。教訓は、しっかりと帽子は脱ぎましょう(当たり前だ)。
 
 
あとは、ちゃちゃっとマイントレイン乗ったり!しましたが!写真がないので自分を恨みながら、最終日分にパスします!とりあえず翌日に備えてホテルに戻りました!